ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
2012.07.29 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.07.29 Sunday

大変に久しぶりに投稿、そしてサボテン類の様子を見ました

今日はいつもになく、少し時間が空きましたので、サボテン類の様子を久しぶりに見てみました。

いつもは放りっぱなしで殆ど見ていないというのが、本当のところですが、中にはこじれてしまっている個体もいたり、お花が咲いている個体もいたり、それこそ、様々でした。

お花の咲いている個体は、5個体でした。

まず1つ目は特大(実生球)のツルビニカルプス属アロンソイ君です。
直径を測ってみましたら、15cmありました。
少しずつですが、大きくなっているのかも知れません。

お花も一気に6輪も咲いていました。 





2つ目もツルビニカルプス属アロンソイ君です。
こちらも実生球です。
直径は測って見ましたら、11cmでした。
もしかしたら、縮んでいるような感じです。
お花は1輪でした。 






3つ目はツルビニカルプス属の烏城丸君(お名前は多分です。実生球)です。
久しぶりにお花を見たような気がします。 





4つ目はフェロカクタス属の黄金冠君(実生球)です。
放りっぱなしで殆ど見ていないうちに棘がすごいことになっているような感じがしました。
残念ながら、手入れが全く行き届いていないと言う感じが良くわかる感じです。 



 
2012.01.01 Sunday

2012年 謹賀新年


2012年、新年おめでとうございます。
旧年は大変にお世話になり、誠にありがとうございました。

本年もよろしくお願い申し上げます。






写真はフェロカクタス属の黄金冠君です。

力強い新刺の色合いが大変にきれいでした。

今年も全てに関して、力強く頑張って行きたく思っております。



さて、2011年はまさに様々な事がありました。

この場はなかなか更新も出来ない状態が続いていますが、何とか撮影行には合間合間に行く様にしています。
ただ、画像整理、観察データ整理が殆ど出来ていないために未処理画像がたまる一方の状態でもあります。

現在の未処理画像はゆうに70万枚は超すと思いますが、まとまった時間がないと処理も出来ず、またこの場にもアップすることが難しいところです。

今後どうしていくかは要検討事項でもあります。

また、twitterに関してはそれなりに、そして、更には2011年の終盤にはmixiを稼働させました。

それと同時にHPの改変を始め、各コンテンツにmixiページを設置、またAR道傳説も新設しました。
コンテンツはだいぶ増えましたが、仕事ばかりで、なかなか更新する時間がないというのが現状です。

今後も少しずつではありますが、それぞれにアップしていけるように頑張っていきたく思っております。

あと、蔵書データベースの作成も稼働しましたが、こちらもなかなか進まない状況です。
数千冊にも及ぶ、図鑑、蔵書と文献などを全てリスト化する事で何がどこにあるのかを系統立てて管理することが目的ですが、やはり計画通り、最低3年、余裕を見て5年以上はかかるのかなと言う感じです。

公開はまだかなり先になりそうです。

2011年は個人的にも様々な契機があり、社会的にも様々な事がありました。

全ては継続ですが、更に2011年での事で教訓となる事は確実に今年も活かして行けるようにしていきたい物です。

そして、皆様方にとっても、また全ての自然と生きものたちにとって、良い年でありますように・・・。





2011.10.09 Sunday

秋の実感




うちには複数のアロンソイ君がいますが、その中でも今回は4株ほどの開花がありました。
そのうちの1株です。

ツルビニカルプス属は全体的に大変に小型のサボテン類で、特大株は大変に貴重です。

このアロンソイ君は直径15cm近くある、まさに世界最大級とも言える、実生アロンソイ君です。

うちに来た当時(約5〜6年前)は12cm超と言う感じだったと思うのですが、結構横に広がった感もあります。


Powered by
30days Album
PR